そんな薄利でまだ続けますか? たった週3時間で月5万円稼ぐ! 新しい稼ぎ方を教えます。

あの頃こんなクルマあった!!90年代黄金期のクルマ達!

  • 2019年6月25日
  • 2020年3月11日
  • 旧車
  • 8view

1960年代から1970年代にかけて
日本のクルマは急成長を遂げました。
クルマの市場も性能も著しく進化を遂げた
時代でもありました。

1970年代は中盤から排ガス規制が
始まり曇り空どころか大雨の天気のような
暗い影が落ちるそんな時代でした。

1970年後半から各メーカー試行錯誤
しながら研究開発された仕組みやエンジン
が1980年代になって開花します。

1980年代中盤から1990年代初頭に
掛けて日本のバブル経済も手伝って、
日本のクルマ産業は特に発展していきます。

自動車産業が発展していくと開発費
や宣伝費に費用を回せるようになり、
特に開発費がふんだんに使えるように
なりました。

1980年代中盤はいろいろなおもしろい
クルマや高性能なクルマが
ぞくぞく登場しました。

エンジンも内装、外装も
海外でも通用するクルマから、
飛び道具的な
エポックメイキングなクルマなど
本当にいろいろなクルマが登場
しました。

そんな活気が戻った1980年代
特に中盤以降に発売されたクルマで
今のクルマにはないものが
スポーツカーという分野ですね。

このころのメーカー各社若者向けに
クルマを作っていたこともあり、
スポーツ走行を目的とした
いわゆるスポーツカーが頻繁に
発売されていました。
本当にあげればきりがないほどの
スポーツカーだらけでした。

今ではほとんどなくなってしまいました。
若者がクルマに乗らないってことも
影響しているのでしょうけれど。。

あのころこんなクルマ

1980年代中盤から1990年代に
かけて登場したスポーツをいくつか
ご紹介していきたいと思います。

トヨタでは
カローラレビンやスプリンタートレノ
をはじめとした4気筒ライトウェイト
6気筒エンジンを搭載した
ミディアムウェイトなスポーツカー
などさまざまなクルマが発売されしました。

セリカXX
このクルマはのちにスープラ
なって行きますが、
このころはセリカXXとして
国内販売されていました。
トヨタの6気筒エンジンを搭載した
スポーツカーでした。

バブルの特徴でリトラクタブルライト
というライト形状がありましたね。
どのメーカーからも必ず1台は発売
していたほど、
このライトが流行りました。

国内初のミッドシップ
MR2もこのころに発売された
クルマでした。

カローラがFFレイアウトになる
ミッドシップにし易かったと
いうことで生まれたクルマです。
湯水のようにお金を使えた、
バブルでなければ誕生しなかった
クルマの一つですね。

日産ではR31スカイライン
あえてR32ではなくエッジの効いた
シャープなフォルムが今でも
潔くて格好良いですね。

エンジンがL型からRB型に変わり
性能が上がった6気筒エンジンでした。
このエンジンをカスタムすることで
R32へとつながっていきました。

シルビアもモデルチェンジして
外装も機能も一新して人気がでた
クルマの一つですね。

ホンダからバブルの申し子のような
クルマが発売されます。

プレリュード
このクルマも相当ヒットしたクルマです。
特に2代目、3代目はデートカーとして
人気がありましたね。

運転席側から助手席のシートが倒せる
機能がついていて、なにか軟派な感じの
クルマでしたが、


外見はリトラクタブル
ライトでパワーも160psとそこそこあり、
このクルマに乗ってればモテた系のクルマです。
このデザイン今見ても格好いいと思いませんか。。?

今はすっかり見なくなりました。

三菱からはバブルという意味で
ギャランVR4
何でもつけてしまえ的な
4VALVE、4WD、4WS、4IS、4ABS
当時4気筒エンジンでは最強の
205psを誇っていました。

モータースポーツでも活躍したクルマです。
このクルマのエンジンが後にランエボへと
つながっていくことになるんです。

このクルマも今ではすっかり
見かけなくなりました。

マツダからは
80年代終わりに
ロードスターが発売されます。
オープン2シーターの分野で
各メーカーに多大なる影響を与えたクルマです。

このクルマもバブルのころでないと
発売されなかった車の一つだと思います。
今でも人馬一体的なクルマとして
新車が出るほど人気のある車ですね。

スバルからは
80年代の終わりですが、
レガシーツーリングワゴン
が発売されそれまでのワゴンの
概念を覆すようなラグジュアリーな
そして4WDワゴンという分野を
確立しました。

というようにバブルがはじけるまで
自動車産業の開発部門にとっては
潤ったそんな時代でした。

今見てもクルマが力強いというか
活気があるというか個性的で性能も
良い車がたくさん発売されていました。

本日はバブルのころのスポーツカー
のお話でした。

本日も最後まで
お読みいただきありがとうございました。

最近は旧車が本当に

高くなりました。。

昔から旧車や古いものが好きで

レストアや部品に関する

役立ちそうな情報を調べて

記事として連載しています。

興味のある方はぜひごらんください。

また、旧車の部品にも興味があり、

珍しい部品を売っているお店や

サイトをメモしてきました。

探しても見つからない部品や

珍しい部品の情報を

一人で知っていても

もったいないので、

必要な方に無料で共有したいと思っています。

時間と手間がかからないように

メモを一覧にしました!

読者の方だけにお届けします!

参考にしていただければと思います。

特に料金はかかりません。

無料でお届けしますので

お気軽にクリックしてみてください。

https://peraichi.com/landing_pages/view/srlfy

広告
最新情報をチェックしよう!
>週3時間で5万円稼ぐ! ドライバー2本で簡単にできる!

週3時間で5万円稼ぐ! ドライバー2本で簡単にできる!

初心者でも簡単にできるようになる!週3時間簡単副業カーナビの整備転売方法を教えます!