そんな薄利でまだ続けますか? たった週3時間で月15万円稼ぐ! 新しい稼ぎ方を教えます。

新しい時代の!シリウスダッシュ!! 三菱スタリオン!

  • 2019年8月21日
  • 2020年2月15日
  • 旧車
  • 21view

70年代をひきずった

1970年代は自動車産業にってオイルショック

排ガス規制など逆風が吹きまくった時代で、

1980年代に入っても初頭においては

その影響を多分に受けていました。

 

 

三菱は70年代の排ガス規制から脱却るするために

エンジンをいくつか開発しそれを既存の

プラットフォームに搭載して新しいクルマとして

作り出していました。

 

プラットフォームはギャランΣのものを使用し、

エンジンはシリウス80と言われた(80年代に

通用するエンジンという意味の)G63Bを搭載した

ハッチバックの3ドアクーペモデル『スタリオン』

を発売しました。

 余談ですが。。

もともとこのクルマはランサーセレステの後継車種

だったんです。確かにハッチバックスタイルは

セレステと同様ですね。

 

当時ターボと言えば三菱でタービン自体も

三菱のものが多く使われていたのも事実ですが。。

 

この頃の日本車は70年代を色濃く引きずっていて、

排ガス規制の影響により、非力でどうにもならない

エンジンに何でもかんでもターボをボルトオン

していました。

 

そのためいいか悪いかは別としてターボラグのある、

特徴的なドッカンターボ車が各メーカーから1台は

発売されていた時代だったんです。

 

 

このG63BもNAでは非力なため無理やり

ターボを搭載して170psを発生させ

トルクも26kg・mの当時では結構な

パワーを絞り出していました。

 

 ドッカンターボはクセがある分乗りこなせると

大変気持ちの良いクルマでもあって、車重も

比較的軽い部類に入るスタリオンも乗りこなせると

面白いクルマでした。

 

三菱としては、70年代にはないリトラクタブルの

エクステリアが当時の若者には人気があったんです。

そんなスタリオンは何回かのマイナーチェンジにより

1987年にG54Bエンジンを搭載し、

 

2600CC直4気筒SOHC175ps32kg-mもの

出力へとパワーアップしていきました。

 エクステリアもブリスターフェンダー装着しマッチョな

感じのスポーツカーへと変貌を遂げて行きました。

 

 

このクルマは後継車種がGTOエンジンが

V型に変わってしまいますが、エクステリアは

何となくスタリオンを踏襲している気がします。

 

 

傑作なのはエンジンで、その後ギャランVR4に

搭載される4G63へと進化していきます。

 

 

4G63はG63Bをツインカムしたもので、

その後ランサーエボリューションエンジンへと

進化して行きました。

 

 

ボディーとエンジンが別の方向で進化していく

クルマって珍しいですよね。。

 

 

今見ても斬新なエクステリアはカッコがよく現代の

クルマにはない魅力があるのも事実です。

 

 

そんなスタリオンって今いくらなんでしょうか?

https://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU8758558179/index.html?STID=SMPH0002&RESTID=SMPH0001#mainBlock

面白いもので、たまに見ると奇跡の一台が
あったりしますね。

 

これはナローボディを探している方なら買いですね。

 

 

ブリスターフェンダーのモデル

そこそこ安価で手に入ります。

https://www.carsensor.net/usedcar/detail/VU1643932537/index.html?STID=SMPH0002&RESTID=SMPH0001#mainBlock

 

三菱ということでマイナーなのかも知れませんが。。

格安でバブルの頃の旧車が手に入ります。

 

この車種は割と穴場というか狙い目ですね。

 

本日はバブル時代の三菱の小型スポーツカー
スタリオンのお話でした。

 

本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました!

広告
最新情報をチェックしよう!
>週3時間で15万円稼ぐ! ドライバー2本で簡単にできる!

週3時間で15万円稼ぐ! ドライバー2本で簡単にできる!

初心者でも簡単にできるようになる!週3時間簡単副業カーナビの整備転売方法を教えます!