そんな薄利でまだ続けますか? たった週3時間で月15万円稼ぐ! 新しい稼ぎ方を教えます。

 美しいデザイン!マツダエレガントクーペ! FD3S RXー7!!

  • 2020年2月4日
  • 2020年2月23日
  • 旧車
  • 4view

最後のRX-7(FD3S)

1991年は日本の経済で言うとバブル景気の終わりの年です。世の中が浮かれてみんながお金を使いまくるそんな時代の最後の年でした。

それまでは湯水のように使えた企業の開発費もその年を境に怪しいものとなり、1992年に突然バブルははじけます。そんな1991年10月に3代目RX-7は発売されます。

 

本来ならバブル景気に乗り、先代のFC3Sよりもおそらく販売台数は多くなるはずでした。

スペック的には13Bロータリーを2基搭載し255psの出力、前後ダブルウィッシュボーンを搭載し、足回りも強化され先代のモデルよりも、はるかに高性能となって登場しました。

エクステリアも曲線を多く用いたそのデザインはエレガントという言葉がピッタリくるようなデザインでした。

その後さまざまなクルマが発売されますが、これだけエレガントなスポーツカーは今後も現れないそんな勢いのあるデザインでした。

見かけも、エンジン出力も足回りもすべてにおいて先代を大きく凌駕してデビューしました。

 

バブル崩壊直前の発売でしたが、崩壊後も進化を続け5回のマイナーチェンジを施され1991年から1999年までの約9年間販売されました。

最終的には自主規制枠の280psまで出力を高められレースでの最高速は385kmも出せたそうです。

レースシーンでも活躍したモデルです。同時期に発売されたユーノースコスモが販売を中止してから唯一のロータリー搭載車としてマツダのスポーツカージャンルを支えていました。

 

以下引用

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ちなみにレースシーンでは

 

1992年

2月、デイトナ24時間レースでGTU優勝

4月、バサースト12時間耐久レースで総合優勝

1993年

1月、デイトナ24時間レースでGTU優勝

4月、バサースト12時間耐久レースで総合優勝

1994年

4月、バサースト12時間耐久レースで総合優勝

1995年、「ボンネビル・スピードウィーク」に

    「レーシングビート」として参加、

最高速385.6km/hを達成し、クラス記録を更新さすがに4WDにではないので、ラリーでの活躍はありませんが。。耐久レースなどで活躍したモデルでした。

 

ロータリーエンジンは摩耗により圧縮が落ちエンジンが使い物にならないものが結構多く、中古車を選ぶには吟味が必要です。

アメリカの25年ルールをクリアした現在中古市場では価格が高騰しており、程度がよい車両は輸出されているものが多く、国内でも程度の良い車両は価格が急騰しているようです。

発売から一番新しいもので、約20年ほど経過していることもありますが、今なら程度が良い車両を探すことが可能だと思います。

流れるようなエレガントなデザインそして、ロータリーエンジンのスポーツクーペ乗ろうと考えている方、今しかありませんね。

 

今いくらなの?

すこし見てみましたが。。もはや程度が良いものは現実的な価格では手に入らないようです。

それでもこれから先も高騰し続けるでしょうから今ならまだ程度良い車両を安く手に入れられるチャンスかもしれません。

https://www.carsensor.net/usedcar/detail/VU0548207374/index.html?TRCD=200002

中には奇跡のような車両も

https://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU9262631538/index.html?TRCD=200002

5年後には2倍になっているかもしれませんね。。

程度が悪い車両をレストアするとこのくらいの費用になってしまうので、かえってお買い得かもしれませんね。。

 

本日はバブル崩壊直前のマツダ最高傑作!走るエレガントクーペRX-7(FD3S)のお話でした。

 

本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました!

 

広告
最新情報をチェックしよう!
>週3時間で15万円稼ぐ! ドライバー2本で簡単にできる!

週3時間で15万円稼ぐ! ドライバー2本で簡単にできる!

初心者でも簡単にできるようになる!週3時間簡単副業カーナビの整備転売方法を教えます!