そんな薄利でまだ続けますか? たった週3時間で月15万円稼ぐ! 新しい稼ぎ方を教えます。

80年代新開発風? 駄作!日産初代レパード!!

  • 2020年1月26日
  • 2020年2月28日
  • 旧車
  • 5view

1980年代はまだ旧製品の組み合わせ

1980年代は60年代設計のエンジンや補器類を新しいボディーに搭載したものを新開発と呼んでいました。

70年代の排ガス規制の面影が色濃く残る時代で、開発は遅々として進まず各社苦悩の跡が見て取れます。

本日はそんな時代の当時は新開発車、日産初代レパードのお話をしたいと思います。

レパードは1980年に発売されてクルマです。

ブルーバード910のプラットフォームを使って6気筒のエンジンを搭載したモデルでライバルはトヨタソアラでした。

当時は大真面目にライバルはソアラだったそうですが、このクルマのエンジンはL型エンジンで1960年代の設計です。

もはや古さは否めませんでしたが、開発費もままならず取り急ぎボディパネルだけ新しくした感じのクルマでした。

L型2000CCと2800CCは130ps、145psでした。

当時のソアラは2000CCターボで170ps2800CCで190psの出力でしたので、明らかにライバルではありません。。

ボディーだけ大柄の車重は1300kgもあり、それでいて130psの出力ではソアラには勝てるわけもなく。。

ブランドイメージは低下する一方でした。もっと早いタイミングで出力の高いエンジンを搭載してブランドイメージを変えることができたら名車として残ったのでしょうけれど。。

プラットフォームが流用でエンジンも流用では。。

せめてプラットフォームは新開発とか、エンジンだけ新開発とかどちらかは新開発でないとダメですね。。

1984年にVG30型エンジンを搭載したモデルを投入しますが、時すでに遅しで。。

230psの出力はありましたが、ブランドとしてはソアラに追いつくことはなくモデルチェンジするまで何かパッとしないクルマとなってしまいました。

ソアラもエンジンは1960年代に設計されたものですが、ボディーは新開発のプラットフォームだったことやデザインセンス違いセンスが一枚上手だったような気がします。

そんな日産初代レパードは今一体いくらするのでしょうか?

https://www.carsensor.net/usedcar/detail/CU8546154149/index.html?TRCD=200002

希少価値のわりには意外と安いですね。

いまこの車種を購入して維持していくもの面白いかもしれませんね。

初代よりも2代目の方がタマ数も多いので選びやすいかもしれませんね。。

初代にこだわりがある方は
タマ数多くていいかもしれませんね。。

本日は駄作初代レパードのお話でした。

 

本日も最後までお読みいただき

ありがとうございます。

広告
最新情報をチェックしよう!
>週3時間で15万円稼ぐ! ドライバー2本で簡単にできる!

週3時間で15万円稼ぐ! ドライバー2本で簡単にできる!

初心者でも簡単にできるようになる!週3時間簡単副業カーナビの整備転売方法を教えます!