そんな薄利でまだ続けますか? たった週3時間で月15万円稼ぐ! 新しい稼ぎ方を教えます。

やっぱり旧車のライトは丸型がいいですよね!

  • 2020年4月15日
  • 旧車
  • 57view

やっぱり丸型ライト

最近のクルマ

最近デザインがカッコイイ
クルマが結構多いと思いませんか。。?

樹脂製のライトがその車専用に開発され
デザイン的には昔より近未来的な
クルマが多くなった気がします。

『ツリ目』というか怒った顔っていうか。

クルマのライトは丸型がいいですね。

旧車も外車も丸型のライトに
なんか癒されるというか

旧式を感じるというか。

昔でいうとガラス一体のシールドビーム
なんでしょうけれど、
性能があまりよくないので、
それにはこだわらないとして、

1960年ごろから1970年代までは
大体のクルマで丸型のライトが採用
されていたと思います。

四角のライトは少なかったような気がします。

日産でいえば
スカイライン、ブルーバード、ローレルなど


トヨタでいえば
コロナ、カローラ、マークⅡ、などが大小ある
ものの丸型ライトでしたね。

丸っこい形だと優しい感じになるというか、
親しみやすいというか、
ライトの明るさもそうですが、
デザイン的にレトロ感がして、
旧車っぽくてカッコ良いと思ってしまいますね。

三菱では
ギャランGTO、デボネア、ギャランシグマ


マツダでは
ルーチェ、コスモ、サバンナ

など各メーカーから発売されていたクルマ
には大体丸型のライトが搭載されていました。

デザイン重視

1970年代後半から1980年代にかけて
四角いライトも多く登場してきます。

それはそれでまだ、角のないやさしい感じ
の四角いライトでしたね。

それがどうでしょうか。
技術の進歩というか進化というか。

樹脂の成型技術が発達し、
ライトも青色LEDが発明されたことで、
白色のLEDライトも登場してきました。

樹脂はそれぞれの車種専用に開発
されたヘッドランプでデザインを
ほとんどデフォルメしない形で
具現化する。

近未来的なデザインを再現するには
画期的なことだったのだと思います。

でも原点回帰

しかし、機能やデザインは優れていても
何か温かみは感じないし、
ポリカーボネートで成形された
ヘッドライトは経年劣化により黄ばむ。

それにより暗い感じのライトになって
しまったり、多少の弊害がありますね。

クルマのデザインの進化は目を見張るもの
がありますが、

旧車好きにはやはり丸ライト
のクルマがシックリ来るというか
癒されるというか、
デザイン的にも映えるというか。

やはりクルマのライトは丸型でしょう!

なんて思ってしまうんですよね。

本日はライトについて
お話しさせていただきました。

お役立ち情報ではなくすみません。。

最後までお読みいただき
ありがとうございます!

広告
最新情報をチェックしよう!
>週3時間で15万円稼ぐ! ドライバー2本で簡単にできる!

週3時間で15万円稼ぐ! ドライバー2本で簡単にできる!

初心者でも簡単にできるようになる!週3時間簡単副業カーナビの整備転売方法を教えます!