そんな薄利でまだ続けますか? たった週3時間で月5万円稼ぐ! 新しい稼ぎ方を教えます。

量産車初!ミッドシップ!!トヨタ MR2!!

  • 2020年5月7日
  • 旧車
  • 14view

日本の自動車産業
黄金期を迎えたのは1985年から
1991年までのバブル経済の頃
だと言われています。

 

 

1966年に幕を開けた日本の
モーターリゼーションは20年
かかってようやく花開き、以後
更なる発展を遂げて行ったのです。

 

 

1970年代はオイルショック
排ガス規制があり、その後しばらく
開発が滞ります。

 

 

1980年代に入ってもしばらく
70年代を引き摺り、前半は元気
の無い時代を過ごしていました。

 

 

80年代半ばに入ると、それまで
暖めていたものが、好景気により、
いい循環となり、市場に投入され
て行きました。

 

 

新しい組み合わせや、全く新しい
ものが、数多く開発されましたが、
この時期出なかったら、市場に
投入されなかったであろう商品
がいくつかあるんです。

 

 

本日はそんなバブルならではの
クルマをご紹介させていただき
たいと思います。

 

 

トヨタから発売された
量産車初のミッドシップ搭載車MR2です。

 

 

このクルマは70年代の終わり
1979年に常識では考えられない
一味違ったクルマがあってもいいの
ではないかという、トヨタの役員から
提案があり開発が始まりました。

 

 

しかし.当時はFFレイアウトの
小型ツインカムエンジンが
トヨタにはなかったため、
開発を諦め、頓挫していました。

 

 

1980年代に入ると、

広い室内空間を確保できるという意味で、エンジン

レイアウトをFFへと切り替えて行くメーカーが増え、

次第にFF車が主流になっていきました。

トヨタカローラ、スプリンターの

主力車種のFF化を決定しました。

 

 

1983年にフルモデルチェンジするカローラ

スプリンターは一部のモデルを除いてエンジン

横置きのFFへと移行します。

 

 

当時のグレードGTはツインカムのFF

レイアウトエンジンで、これを頓挫していた

ミッドシップの開発車両に乗せてしまえ!

 

 

というような号令が会社の上層部からかかり、

開発されたのが、国産小型量産車初の

ミッドシップが動き出します。

 

 

 1983年プロタイプを発表します。


ミッドシップランナバウト
MR2と命名されたこのクルマは
1984年にデビューします。

1600CCツインカム
4AGを横置きにしたFFレイアウト
でクルマの中央にエンジンを搭載したものでした。

 

車重は1t弱で130psのパワーを

発揮したんです。

 

小型でフケの良いエンジンと
軽い車重により通常走行に
おいては、非常に扱い易いクルマ
に仕上がりました。

 

 

小型でミッドシップのため、
ジムカーナなどスピードを出して
曲がるとピーキーな動きをするため
高い運転技術が必要だったようです。

 

 

1986年にマイナーチェンジが施されました。

エンジンはスーパーチャージャーを搭載し、

130psから145psへと大幅に出力が向上ました。

エクステリアもリアスポイラーに
ハイマウントストップランプが付いた
り、バンパー、リアスポイラーが
ボディと同色になりました。

 

 

当時はターボ全盛の時代なのに
何故スーパーチャージャーか?
これは市販に際しては2つのエンジンを試作して、
テストを繰り返した結果、

 

走行のテイストが、ターボではなく
スーパーチャージャーの方が、
走りの嗜好とエンジンにあって
いるとメーカーぎ判断したためで、

どこかに純正の4AGターボ
エンジンが眠っているのです。
関係者の誰かが所有しているんでしょうね。。

 

 

小型でレスポンスが良いエンジンに
当時のドッカンターボでは、
せっかくのレスポンスが台無しに
なってしまいますよね。。

 

 

確かメーカー判断は正しいと思われます。

 

 

乗っている座席の後ろから、
エンジン音が聞こえるって良いですよね!

 

 

一度乗って見たかったクルマです。
このエンジンだからこそ面白い
クルマに仕上がっているんだと思います。

 

 

1989年にモデルチェンジ
されるまで初代MR2は販売されました。

 

 

販売後20年までは純正パーツが
メーカーから出ていたらしい
ですが、最近では部品取り車や、
パーツの価格が上がっているようです。

 

 

今いくらなの?

やはり走り屋に好まれたクルマ
だけあって修復歴ありが多いですね。

 

 

修復歴なし、走行距離低めは
プレミアム価格になっています。

https://www.goo-net.com/usedcar/spread/iphone/12/700040000430190117001.html

これからまだ価格が上がっていく
ことが予想されます。

 

 

この頃の時代が元気だった頃の
クルマは良いですね。

 

 

本日はバブル真っ盛りの
イケイケ開発車のお話でした。

 

 

本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました! 

広告
最新情報をチェックしよう!
>週3時間で5万円稼ぐ! ドライバー2本で簡単にできる!

週3時間で5万円稼ぐ! ドライバー2本で簡単にできる!

初心者でも簡単にできるようになる!週3時間簡単副業カーナビの整備転売方法を教えます!