そんな薄利でまだ続けますか? たった週3時間で月15万円稼ぐ! 新しい稼ぎ方を教えます。

80年代開発!!フルタイム4WD セリカST160!!

  • 2020年1月6日
  • 2020年3月1日
  • 旧車
  • 10view

もう34年前の

バブル経済華やかし頃ある映画が大ヒットして、それが社会現象とまではいかないものの、だいぶ影響されたっていうことがありました。いまでも?映画はあまり最近作っていないようですが、テレビ、書籍、映画など幅広くコンテンツをつくるプロダクションがありました。

 

ホイチョイプロダクションという会社が作った映画で『私をスキーに連れてって』という映画があり、大ヒットしました。

1987年の作品で主演を原田知世が務めた映画で、セリカT160の4WDが出てくるんですが、この映画がきっかけでスキーブームが訪れ、この映画で活躍した、セリカも大ヒットしたんです。(映画で登場したセリカは4WDではなく、FFだったようですが。。)

セリカは初代からずっとスペシャリティーカーとして発売されてきましたが、代を重ねるごとに段々とその色が褪せていきました。

 

1970年代から80年代初頭のセリカは形も、エンジンも性能もすべて何かパッとしないクルマになってしまっていました。しかし、この4代目セリカでスペシャリティーカーとしての存在を存分にアピールすることができるようになりました。

当時セリカはFR駆動でトヨタ往年の名機2TGや18RGを搭載していました。その後3代目セリカのマイナーチェンジに合わせて2TGの継機種4AGを搭載したセリカを販売しました。

ブラックマスクと言われそれはそれでイカしているのですが、クルマの基本デザインが直線を基調としており、旧態然としていて、何かあまりパッとしない感じでした。


それが1985年のフルモデルチェンジにより直線基調から流面系に代わり、1600ccが廃止になり、2000ccが主体のモデルになりました。エンジンも80年代に開発されたものに代わり、18-RGから3S-EFの16バルブに変わりエンジンの基本設計が一新したことによりそれまでのエンジンとは全く違い性能が格段に上がりました。

 

旧態然としたモデルから、洗練されたセンスのある流面系のモデルになりパワーもフケも形も駆動形態もすべてカッコよくなりました。当時流行りのリトラクタブルライトもカッコ良さを演出していました。

それでも1980年代は185psだとだいぶ高出力な部類で60年代に設計された2TGや18RGなど旧型のエンジンでは130psそこそこしか出なかった出力は50psも上がり驚かされたものでした。

当時のチューニングは頑張って何百万もかけて130psから200psへ出力を向上させるのがやっとだった時代でした。

宇宙船のような形で4WDでデフォルト出力が185psなんて1985年当時はあり得ないくらい高い出力だったのです。乗用車の4WDもその当時いくつかはあったんですが、スキーの映画に登場するこのセリカが特にカッコよく憧れたものでした。

今一体幾らするのでしょうか。。?

https://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/11/700090380730190305006.html

まぁクラシックカーの部類ですからこんな感じでしょうね。

今ならまだ程度が良い車両が手に入るかもしれませんね。頑張って探して、直しながら乗るのも面白いかもしれません。

本日はセリカST160のお話でした。

 

本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました!

広告
最新情報をチェックしよう!
>週3時間で15万円稼ぐ! ドライバー2本で簡単にできる!

週3時間で15万円稼ぐ! ドライバー2本で簡単にできる!

初心者でも簡単にできるようになる!週3時間簡単副業カーナビの整備転売方法を教えます!