そんな薄利でまだ続けますか? たった週3時間で月15万円稼ぐ! 新しい稼ぎ方を教えます。

1000CC3気筒エンジン!ダイハツ シャレード!

  • 2019年6月12日
  • 2020年3月11日
  • 旧車
  • 3view

小型3気筒

クルマのエンジンって偶数の
気筒数が多いんですが、
4気筒エンジンって一般的だったり
しますよね。

6気筒エンジンもありますよね。
2気筒エンジンも昔のクルマには
無くはないですね。

その気筒数によってエンジンの長さが
変わる=エンジンルームの大きさが
変わる=クルマの全長が変わる。

ってことなんですけど、
昔は4気筒のクルマに
無理やりエンジンルーム継ぎ足して
6気筒のエンジン積んじゃう。

これそのクルマです。

なんて突貫工事のようなことを
したクルマも結構あって、
それはそれでアリだったんですね。

それとは違って、設計の段階から
エンジンの気筒数を考えて
設計された車があって
まぁそれって普通なんですけど、

3気筒っていう奇数の気筒を持った
エンジンを搭載した珍しい車が
その昔あったんです。

3気筒エンジンってすごく昔に
すたれたエンジンらしくエンジンの
振動がひどすぎて乗用車のエンジンと
しては向かなかったらしいです。

なので、作業用のクルマなどに
使われることが結構多かったのですが、
その3気筒エンジンを乗用車にも
対応できるように開発したのが、

ダイハツだったんです。
1977年に発売した
ダイハツシャレードっていうクルマ

みなさんご存知ですか。。?
軽自動車よりも大きく、でも値段は
軽自動車並みで、車重も630kgと
すごく軽かったんです。

当時は新しいコンセプトカーとして
受け入れられ翌年のカーオブザイヤーを
受賞したほどセンセーショナルな
クルマだったんです。

横置きの3気筒エンジンをFF
レイアウトで駆動させる。しかも
軽い車重と相まって操縦もしやすい
となれば当然売れないわけはないですよね。。

少し中途半端に古いんですが、
旧車とまではいかない微妙な古さ
かろうじてメッキバンパーの最後ら
辺のクルマです。

ライトも丸型2灯でまぁ旧車と言えばね。。

ってな感じのクルマでした。
すごい古いエンジンを再度リバイス
というかつくりを変えて小型車に
搭載するアイデアがすごいと思いませんか。。?

今のクルマで言うとなんだろう。。?
ハイブリット?
とまではいかないんでしょうけれど。。

車重が軽い小型車もいまでは少なくなり、
軽でも1t近くあるのではないか
ってな車重ですよね。。

630kgのクルマって衝突安全に関しては
いささか疑問が残りますが、
軽くて燃費も良ければとてもエコですよね。

モデルチェンジを繰り返して2000年代
初頭に姿を消してしまいましたが、

ダイハツの軽以外のクルマで
カーオブザイヤーを受賞したのは
このシャレードだけだったようです。

再チャレンジで庶民軒を得た3気筒エンジンは
その後軽自動車にも搭載され
360ccから550ccへ排気量が増え
更に660ccへと進化していく過程で
無くてはならないエンジンだったのです。

そういう意味で軽自動車のダイハツ
開発したエンジンはその後いろいろな
軽自動車のエンジン開発に役立ち

今日の軽自動車のエンジンの石杖を作った
と言っても過言ではないのだと思います。

本日は珍しい3気筒エンジンのお話でした。

本日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

最近は旧車が本当に

高くなりました。。

昔から旧車や古いものが好きで

レストアや部品に関する

役立ちそうな情報を調べて

記事として連載しています。

興味のある方はぜひごらんください。

また、旧車の部品にも興味があり、

珍しい部品を売っているお店や

サイトをメモしてきました。

探しても見つからない部品や

珍しい部品の情報を

一人で知っていても

もったいないので、

必要な方に無料で共有したいと思っています。

時間と手間がかからないように

メモを一覧にしました!

読者の方だけにお届けします!

参考にしていただければと思います。

特に料金はかかりません。

無料でお届けしますので

お気軽にクリックしてみてください。

https://peraichi.com/landing_pages/view/srlfy

広告
最新情報をチェックしよう!
>週3時間で15万円稼ぐ! ドライバー2本で簡単にできる!

週3時間で15万円稼ぐ! ドライバー2本で簡単にできる!

初心者でも簡単にできるようになる!週3時間簡単副業カーナビの整備転売方法を教えます!