そんな薄利でまだ続けますか? たった週3時間で月15万円稼ぐ! 新しい稼ぎ方を教えます。

画期的発明! 可変バルブエンジン!! ホンダCR-X SiR!!

  • 2019年7月21日
  • 2020年2月21日
  • 旧車
  • 3view

当時奇抜なデザイン

1980年代は自動車メーカーに

とって技術革新が目覚ましく進化した

時代で新しいエンジンや新しい

仕組みがいくつも登場し組み合わせ

により画期的なシステムを生んだり

していたんです。

 

 

80年代初頭の1983年にホンダは

次世代のモデルとなるクルマを発表

しました。

 

 

バラードスポーツCR-Xです。

 

このクルマ日本のクルマには今まで

なかったような外観と軽自動車並みの

軽さを武器にローラースケートのように

走るということで、『ローラースケートGT』

なんて呼ばれていたりしました。

 

 

クルマを途中で切り落としたような

ファストバックなスタイルに

セミリトラクタブルライトを装備

しており当時日本車にはない形で、

初めて見たときは、何かへんてこりん

クルマだな。。

と感じさせられたことを思い出します。

 

 

このクルマは1300、1500cc

エンジンを搭載し、800kgを切る

車重でキビキビ走る人馬一体的なこと

が人気の一つにあげられます。

 

 

1985年マイナーチェンジにより

1600ccインテグラと同じ

ZCエンジンを搭載したSI

投入されます。

 

 

このエンジンは130psの出力で

当時は軽くふけが良く、小型のCR-Xには

ピッタリのエンジンだったのです。

 

 

車重は860kgになったものの

パワーも上がり、より走りが充実した

クルマになっていきました。

 

 

1987年にフルモデルチェンジして

新たに登場した2代目CR-Xは1500、

1600ccの2種類で1600ccは

初代と同様ZC型エンジンを搭載し、

ダブルウィッシュボーン形式の

サスペンションに改良されました。

 

 

車重が軽く足回りも強化され、

先代よりもより、軽快に走れるクルマに

進化を遂げたのです。

しかし、駆動形式はFFなのでどうしても

フロントヘビーになりがちで、

悪路などでは挙動が突然変化したり、

ピーキーな動きになることもありました。

 

 

この動きを利用した走り方が、

ジムカーナにはマッチしその時代

には活躍したのでした。

 

 

2代目CR-Xは小型軽量車に

ハイパワーエンジンを搭載した

ローラスケートのようなクルマ

でしたが、

更に進化を遂げていきます。

 

 

ホンダ新しいバルブシステム

 

1989年にVTECエンジンを
搭載したSI-Rを発売します。

このエンジンは凄い発明品で

カムシャフトにハイ/ロー2種類の

カムを設け、そこに接するロッカー

アームを一定の回転数に達した際に

切り替え、バルブタイミング・リフト量

を変化させる。

 

つまり、低回転域と高回転域

それぞれにおいて、バルブタイミングおよび

リフト量が最適化され、低回転域のトルクと

高回転域のパワーを両立させること

可能となったエンジンなんです。

 

 

高回転と低回転のカムを変えることが

可能になったエンジンで国内では当時

量産スポーツモデルに2番目に搭載

されたクルマでした。
(最初はインテグラ

 

 

そのカムシステムにより160psの

パワーを獲得することができたのです。

自然吸気で160psは当時驚異的

パワーで、ターボ全盛の80年代

においてはNAでその数字は考えられない

ほどセンセーショナルだったんです。

 

 

1600ccエンジンですから、

リッターあたり100psの出力

しかもNA(自然吸気)画期的です。

 

 

この数値っていまのクルマと引け

とりません。

しかも1tそこそこの車重ですから

運転しやすいわけです。

 

 

今どんなことになってる

当時はAE86と人気を2分して

いましたが、やはり現在でも

旧車高騰に引っ張られる感じで

価格が上がってきているようです。

https://www.carsensor.net/usedcar/detail/VU1805355396/index.html?TRCD=200002

修復歴なしの筐体が少ないため

それだけでも価値があり、走行距離

が少ないと更に高額になる傾向です。

 

 

このクルマを本気でレストアしても

面白いかもしれませんね。

 

程度が良い車両が探せばまだ手に

入りそうです!

今ならまだ間に合いますので

乗りたかった方はお探しになって

はいかがでしょうか。。?

 

今チャンスです。

これ以降さらに価格が上がって

いくことが予想されます。

 

 

ライトウェイトの程よいパワー

いいクルマですね。

 

 

本日はバブル時代の新開発

ホンダCR-Xのお話でした。

 

本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました!

広告
最新情報をチェックしよう!
>週3時間で15万円稼ぐ! ドライバー2本で簡単にできる!

週3時間で15万円稼ぐ! ドライバー2本で簡単にできる!

初心者でも簡単にできるようになる!週3時間簡単副業カーナビの整備転売方法を教えます!