そんな薄利でまだ続けますか? たった週3時間で月15万円稼ぐ! 新しい稼ぎ方を教えます。

ホンダ新世代4ドアハードトップ! 肝入り インスパイア!!

  • 2020年2月1日
  • 2020年2月24日
  • 旧車
  • 6view

1990年代開発車

1990年代前半日本はバブル経済絶頂期でした。産業は活気づきまるでずっと青天井が続くかのようでした。

自動車産業も開発費がふんだんにあり、湯水のように使うことができたんです。

そのため様々な奇抜なクルマや画期的なクルマ、いまでは考えられないようなクルマまで止まるところを知らないバブル経済と同じように吐いては捨てるほど、開発販売されていたんです。

 

その流れは各メーカー同一でした。ホンダでは今までにないクルマを開発する。

というコンセプトで、レジェンドとアコードの間を埋める比較的高級志向のクルマを開発し、発売します。

どんなクルマ?

1990年にアコードの派生車種アコードインスパイアがデビューします。

本田宗一郎の肝入りの開発ということもありアグレッシブに攻めたクルマに仕上がりました。

さすがバブルって感じの外装、内装、エンジンどれにおいても開発にお金をかけ、こだわりを持った今見てもカッコいいと思えるクルマです。

4ドアハードトップに駆動形式はFFにもかかわらずエンジンは縦置き、そして前輪より少し後ろに配置をずらし、FFとしては理想的な前後60:40のバランスに仕上がっていました。

内装にはウッドパネルを採用するなど高級志向のバブル時代を彷彿とさせる内容でした。

特にこだわりのエンジンには特徴があり、直列5気筒という画期的?中途半端?な4気筒軽量コンパクトと6気筒のスムーズさの中間のいいとこ取りしたようなエンジンでした。

通常直列のエンジンは偶数なのが一般的ですが、本田宗一郎の肝入で開発されたエンジンだっだのです。

サスペンションも4輪ダブルウィッシュボーンを採用しており、見た目もスタイリッシュで、走りも快適な1台なのです。

当時はエンジンの話題より、インテリアやエクステリアの洗練さが話題になっていました。

今までに無い薄いライトと2L5ナンバー枠目いっぱいまで広げた広い室内が乗りやすさと相まって、人気を博していました。

国内はもちろん、海外でも人気があり、デビューの年は売れましたね。

今いくらくらいなの?

そんなインスパイアも初代発売からすでに20年以上も経ち中古車市場でもあまり見かけない存在となっています。

幅はありますが、30万円~60万円程度で購入することができます。購入するなら今が底値だと思います。

https://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/13/700051021130181108001.html?a8=mzM-4zpjlhDvKLnmDgVvMEvhJoLb1MDTTgVTpEekJT0du.SHDAMVPqMhPE2ZPjMWPqMhPE2ZPj9zPqMhPE2hPj9ePqMhPE2hPEM.PqMhPE2ZPjt3S.pvP.03lT99DTMWJT9eQT99DTMWJT9HKT99DTMWDT9HdT99DTMWDTM37T99DTMWJT9Z_T0jlhM9chDeOiMW7iLAtA2VOTSiPFM3OzM-Is00000007785001

本日はバブル開発車で今見ても色あせないホンダのインスパイアのお話でした。

 

本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました!

広告
最新情報をチェックしよう!
>週3時間で15万円稼ぐ! ドライバー2本で簡単にできる!

週3時間で15万円稼ぐ! ドライバー2本で簡単にできる!

初心者でも簡単にできるようになる!週3時間簡単副業カーナビの整備転売方法を教えます!