そんな薄利でまだ続けますか? たった週3時間で月15万円稼ぐ! 新しい稼ぎ方を教えます。

こんなのありました! ガルウィング!! トヨタセラ!

  • 2021年2月6日
  • 2021年2月6日
  • 旧車
  • 14view

とにかく目立つ

その後なかった車種

日本の自動車産業にとって1980年代初頭は1970年代の

オイルショックや排ガス規制によるダメージが色濃く残るまだ70年代を

だいぶ引きずった時代でした。

中盤からバブル景気に乗せられて、開発費用を湯水のように使い、

開発コンセプトもさまざま、とにかく出す高級車が飛ぶように

売れる時代でした。

高級車とは別にメーカーの威信をかけた今までにない

コンセプトの高級車や、そんなクルマいままでに見たことない

なんて突飛なクルマも多く開発されました。

1980年代中盤から少しずつ景気が良くなってきたので、

それに伴い開発も進んでいきましたので、1980年代も後半から

1990年代前半にかけての各社開発したクルマが結構面白いです。

本日は今では絶対に開発しないであろうガルウィングのクルマ

トヨタ『セラ』に焦点をあてて見たいと思います。

このクルマの特徴は縦というか若干斜めに開くガルウィング

呼ばれるドアにあります。ガルウィングと言えば

ベンツやランボルギーニなどの高級外車にはよく見られる

エクステリアです。

スタイリッシュなエクステリアに縦開きのドアはまさに高級外車の

代名詞でもありました。

そんなガルウィングを低価格市販車に搭載したのがトヨタでした。

これって本当にバブルのたまもので、そんな市販車によくもガルウィング

のドアを組み合わせようなんて。。

発想がすでにおかしいというか、バブルで舞い上がっている感じがしますね。。

プラットフォームはスターレットと同様です。

エンジンもEP82スターレットと同系列のE4エンジンをすこし

ロングストロークに改良したE5-FHE型のエンジンを搭載し

110psと可もなく不可もない何の変哲もないエンジンです。

車重も900kg前後とまぁ軽い部類に入ると思います。

足回りもEP-82スターレットと同様のものを採用しています。

そもそもなぜこのクルマは開発されたのでしょうか。。?

走行性能を求めるのではなく、あくまで雰囲気を楽しむという

コンセプトの自動車であった。

とのことで、今となっては一体何のために作られたクルマ

なのかすらよくわかりません。。

やはり時代なんでしょうね。

バブルに踊らされて開発された出せば売れるだろうっていう

変わり種のクルマですね。

そんなセラも発売から約30年経過しています。

市場では一体どのような価格で取引されているのでしょうか。。?

https://www.carsensor.net/usedcar/detail/VU5056775240/index.html?TRCD=200002&RESTID=CS210610

まだ、奇跡のようなクルマが

今なら手に入りますね。

https://www.carsensor.net/usedcar/detail/VU2360198482/index.html?TRCD=200002&RESTID=CS210610

普通にそこそこ距離を走って

いれば、そこそこの価格ですが、

これと言って高いわけではありません。

このクルマが好きで今のうちに程度が良いものを

手に入れたいという方には今がチャンスかもしれませんね。

本日はバブル時代市販車初のガルウィング採用車

『セラ』のお話でした。

本日も最後までお読みいただき

ありがとうございました!

広告
最新情報をチェックしよう!
>週3時間で15万円稼ぐ! ドライバー2本で簡単にできる!

週3時間で15万円稼ぐ! ドライバー2本で簡単にできる!

初心者でも簡単にできるようになる!週3時間簡単副業カーナビの整備転売方法を教えます!